目の下に色素沈着しちゃったよぉ…。

それはいわゆる茶クマという目のクマの症状ですね。

 

茶クマって一体何なの??

茶クマは、いわゆるシミそばかすといえば分りやすいでしょうか。
つまり目の下の色素沈着はすべてシミそばかすのことを指しており、別の呼び方をすると「茶クマ」と呼ばれるのです。

ではもう目の下に色素沈着(茶クマ)ができてしまったら、以前のような綺麗な目元に戻ることはできないのでしょうか?

いいえ、それは違います。
目の下の茶色くなってしまった部分はケアすることができるのです。

ポイント

結論から言えば目の下の色素沈着をケアするには、人間が持っている皮膚の生まれ変わりサイクルを正すのが一番良いケア方法。

目の下の色素沈着改善後、目の下専用のクリームを仕上げのケアとして使うのが最善の方法といえます。

普通のケア方法なのですがやはりこの方法がおすすめなのです。

なので今あなたの目の下が色素沈着状態になっていても焦らないで、最後まで読んでください。

きっと目の下の色素沈着を予防や増やさないようにすることができますから。

目の下の色素沈着を改善したり消す方法は「毎日のメイクで摩擦に気を使うこと」や規則正しい生活が必要。

目元クリームは目の下の色素沈着のケアとして使うことができます。

それでは目の下の色素沈着性の茶クマを消す方法や具体的な茶クマの予防方法について解説していきますね。

 

 

Contents

目の下の色素沈着の原因3つ

まず、目の下の色素沈着「茶クマ」の改善方法を学ぶ前に、目の下に色素沈着してしまう原因を知っておくことも大事。

その理由は、たとえいま、目の下の色素沈着を改善し消すことができたとしても、茶クマの原因を理解していなければ、再びあなたは目の下に茶クマを作ってしまう行動をとりかねないからです。

目の下の色素沈着の原因を知っておくことで、茶クマができる原因行動を避けられるようになります。

以下の代表的な茶クマの原因をしっかりと覚えてくださいね。

この章のポイント

目の下の色素沈着の原因は大きく分けて3つ

  1. 目の下を摩擦してできる茶クマ
  2. 紫外線による目の下の色素沈着
  3. くすみによる目の下の色素沈着の非改善

それでは以下をご覧ください。

 

1.目の下を摩擦することは茶クマの原因

目元の色素沈着は、継続的な摩擦によって起きます。

たとえば毎日のコンシーラーメイク

これらは目元に大きな摩擦を与えています。

摩擦を与えることで、メラニン色素が発生し色素沈着して、目元に茶クマの症状として現れてしまうのです。

 

もちろん摩擦が起きるのそれだけではありませんよね。

それは、メイクを落とす時です。

目元のメイクをしっかり取ろうと、ゴシゴシこすっていませんか?

これも茶クマの原因となりますよ。

はてな

では「なぜ目の下に摩擦を与えると色素沈着の原因」になるのでしょうか?

その理由は簡単。

シミやそばかす、そして茶クマの原因であるメラニンは防衛反応により発生しているからです。

上記で説明した摩擦は刺激やダメージと同じこと。

ダメージを肌に通すまい!とメラニンという色素の壁が発生してしまうのです。

  • ゴシゴシ擦るから茶クマがひどくなる。
  • 毎朝のコンシーラーもドンドン濃いめに。
  • 濃いメイクだから、ごしごしこすらないと取れない。
  • 茶クマがひどくなる。

摩擦はこのような負のスパイラルを生み出してしまいます。

 

もちろん人前に出る方はコンシーラーは手放せないと思いますので、摩擦を与えないようにクレンジングやメイクをしてください。

摩擦などの改善方法に気を使いながら、後述するケア方法を実践していくことで、目の下の色素沈着に美容成分を届けることができますよ。

 

2.紫外線による目の下の色素沈着

紫外線も茶クマの原因。

  • シミやソバカスは色素沈着。
  • 色素沈着は茶クマ。

先程茶クマを分りやすく説明すると、シミやソバカスと言いましたね。

つまり紫外線も茶クマの原因となってしまうんですね。

紫外線はメラニンを生成し、シミやソバカスの原因となるのはよくご存知でしょう。

はてな

ココである疑問が浮かびませんか?

「なんでメラニンはよりによって茶色なの?刺激を防御するだけなら透明でイイじゃん!」

茶クマに悩まされている多くの方はこのように思うでしょう。

しかし目の下の色素沈着をはじめとし、シミやそばかすの原因であるメラニンは茶色でなければならない明確な理由があるのです。

メラニンが茶色である理由は紫外線を肌に通さない濃い色でなければならないからです。

たとえば日差しがまぶしいときあなたは何を着用しますか?
多くの方はサングラスによって太陽の紫外線から目を守るわけです。

メラニンが茶色い理由もサングラスと同じ。

茶色のような濃い色を生成することで、目の下に紫外線を肌の奥まで侵入させることを防いでくれています。

ポイント

摩擦による刺激から紫外線によるダメージ、これらすべてを防ぐのには「茶色」であることが一番効率的なのです。

しかしながら防衛反応によるメラニン生成はあたしたちにとってありがたいことでもありますが、迷惑なことにもなるわけです。(笑)

だって、その防御から目の下に色素沈着ができてしまうのですから…。

 

 

3.くすみによる目の下の色素沈着の非改善

目の周りにくすみがあると効率的に色素沈着を消すことはできません

それはなぜかというと、肌の表面にくすみがあることでそれが壁となり、茶クマに有効な成分が十分に浸透しないからです。
これではいくら目の下の色素沈着に美容成分を届けようとしても、くすみによって阻害されてしまっているということ。

くすみを取り除くには、

  • メイク残りを防ぐこと
  • 乾燥を防ぐこと
  • 角質を取り除くこと
  • メラニンの生成を抑制すること

が非常に重要。

 

 

 

目の下の茶クマが改善しない理由

間違った治し方で茶クマをケアをしている

目の下の茶クマは肌に色素沈着している事が原因。

  • クマといえばマッサージ
  • クマといえば蒸しタオル
  • クマといえば早寝

これらはぜんぶ目の下の色素沈着に対して意味がありません。

色素沈着の治し方といえばこのようなイメージがあるかもしれませんが、これらはすべて間違った目の下の色素沈着の治し方。

その理由は、上記の対策は目の下の血行を改善させることしかできないからです。
目の下の血行改善で解消できるのは青クマ。

目の下の色素沈着のように肌そのものに原因があるのに、目の奥の血行を良くしたところで、茶クマを改善できるわけではないのです。

茶クマを消すには、目の下の皮膚を生まれ変わらせるサイクルを正して、皮膚を新しくする必要があります。

 

 

摩擦が強い

これは先程も説明したように、摩擦を起こしてしまうとそこにはメラニンが生成され、色素沈着の原因となります。

  • 洗顔
  • メイク
  • 目をこする

これらを毎日繰り返していると、あなたの目の下の色素沈着は改善するはずも無く、それどころかドンドンひどくなっていくので注意してください。

ポイント

でも絶対にメイクをしてはいけないというわけではありません。

目の下の摩擦に注意しながら行うだけでも今よりも格段に目の下の色素沈着は改善していきます。

シミやそばかすも、いったんできてしまうのと残り続けてしまうように、目の下に一度色素が沈着してしまうと茶クマとして残り続けてしまいます

ですからメイク時には摩擦に気を付けつつ徐々に目の下の色素沈着を改善していきながら、茶クマを消す治し方をしていかなければならないのです。

 

 

茶クマを改善する具体的なケア方法は?

皮膚の生まれ変わりサイクルを改善

茶クマが改善していく様子

皮膚そのものに原因がある色素沈着は、皮膚を新しいものと交換しなければなりません。

それには、皮膚の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)を促すことが重要。

カラダのリズムが改善されたら人間の治癒力により目の下の色素沈着を薄くして改善していく。

色々悩んでいるよりちゃっちゃと悪いところを改善し、ターンオーバーの乱れを改善して新しい目の下の皮膚にしてしまった方が早いですよね!

ポイント

特に目の下は色素沈着しやすい部分。

茶クマならターンオーバーの正常化は必須。

以上、ここまでが正しい茶クマの消し方です。

以下からは目の下のトラブルを招かないようにケアしていくクリームを紹介します。

 

目元に美容成分を与えケアする方法は?

ビタミンC誘導体がサポート!

上記ではターンオーバーの働きを正常化し茶クマを改善するのが早いと説明しました。

では改善するにはどうしたらよいのか。

そこでおすすめできるのがビタミンC

ポイント

ビタミンCは色素沈着を薄くする(参考元:ロート製薬)ことが可能なのでシミケアの化粧品に良く使用されています。
そして肌の生まれ変わりサイクルを正常化してくれます。

普段から茶クマを作らせない生活は効果的に目の下の茶クマを改善し消すことができますが、ビタミンC誘導体はそれをサポート。

ちなみに豆知識ですが、よくシミそばかす化粧品にビタミンCが配合されていたり、商品名に「C」の名前がついているのはビタミンCからきています。

話を戻します。
ビタミンCだけですと、なかなか角質層まで浸透する事ができません。

当然ですが、角質層までビタミンCが浸透しなければターンオーバーを促し茶クマのケアに繋がらないからです。

そこで開発されたのがビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを改良してさらに角質層まで浸透しやすくしたもの。

もちろん美容液を使う際にはビタミンC誘導体が配合されているものでなければ、目の下の色素沈着改善に対してのサポート力はありません。

目の下の色素沈着は美容液なら何でも解決できると思っていた方は要注意ですよ!

 

プラセンタでもOK

シミの原因を生成するメラニンを薄くするのに特化しているビタミンC誘導体。

しかしプラセンタもシミに対してアプローチをする事が可能です。

プラセンタの場合はメラニンにアプローチするだけではなく、同時にハリを与えることも可能なのでとてもバランスが取れている成分と言えるでしょう。

シミ対策やエイジングケアなどバランス良く行いたい方はプラセンタでケアするのも効果的です。

 

保湿すると色素沈着しにくくなる

目の下の保湿は肌力アップにもつながります。
目の下が潤っていることで水分の壁が摩擦をやわらげダメージをなくすことで、目の下に色素沈着の原因であるメラニンの発生を抑えることができるからです。

メモ

目の下の保湿は水分で外部刺激に強くなるということ。

 

目の下のケアならアイクリームがおすすめ!

手っ取り早く目の下の色素沈着をケアしたいなら、とりあえずアイクリーム云々ではなく日々の規則正しい生活は怠らないこと。
そして目元のスキンケアとしてアイクリームを使っておけばケアは万全。

ただし、アイクリームは茶クマの改善に直接作用するのではなく、あくまでもケアすることが大きな目的ということは忘れないでください。

目の下専用に作られているアイクリームだからこそのサポート力。
たとえば以下。

ポイント

  • 保湿成分
  • ビタミンC
  • 目の下のどんよりをケアする成分

目元クリームには目の下に必要な成分がすべて含まれています。

なので目の下の色素沈着改善のサポートにはとってもオススメ。
アイクリームに加え、上記で解説した「摩擦を与えない努力」などの色素沈着対策を合わせていくことで目の下の茶クマはケアすることができます。

では上記の成分が入っている美容クリームではダメなの?と思うかもしれませんが、結論から言えば目の下の色素沈着改善対策と合わせるならサポート的にアイクリームを使うべき
それには明確な理由があるのです。

以下で詳しく解説していきますね。

 

 

目元クリームをオススメする理由

目元の皮膚は非常に薄い

目元は非常にデリケート!

 

目元の皮膚は、頬の皮膚と比べると3分の1以下の薄さ。

この部分に、フェイスクリームを塗ってしまうと刺激が強すぎるのです。

 

刺激が強いとどうなるか?

それは目の下の色素沈着の原因であるメラニン色素を発生させてしまい、逆に茶クマが濃くなってしまうのです。

 

 

目元クリームにはビタミンCが配合されている

美容クリームにはビタミンCしか配合されていないことが多いですが、目の下専用クリームにはビタミンC誘導体が配合されています。

これは目元専用に作られているからこその成分です。

ビタミンC誘導体とは?

先程も説明しましたがおさらいしておきますと、ビタミンCをさらに角質層まで浸透させやすく加工したものがビタミンC誘導体。

毎日のメイクや保湿に気を使い目の下の色素沈着を消す。
そして通常の美容としてアイクリームを使うことで、それらをより強力にサポートすることができるのです。

※プラセンタでもメラニンにアプローチする事ができるので、ビタミンCもしくはプラセンタのどちらかが入っていればOK 。

 

 

ちょっと待ってください。アイクリームといっても注意点があります

そもそもアイクリームっていったい何なの?

さて、目の下の色素沈着の改善方法がわかったところで、その次のサポートケアのアイクリームを選んでいかなければなりません。

メモ

ここまでの説明をまとめると

  1. 皮膚がきれいになり改善すると色素新着を垢として排出し消す。
  2. 目の下のケアはアイクリームがおすすめ。

大切なことを2項目でまとめると、目の下のケアはたったのこれだけなのです。

だから目の下に悪いことはやめて、しっかりとアイクリームでケアしようという話なのですが、アイクリームを選ぶ前に疑問を晴らしておかなければなりません。

それはアイクリームっていったい何なの?ということです。

アイクリームはその名の通り目の下専用のクリームのこと。

アイクリームの特徴として、目の下専用にしか使わないため内容量が少ないのです。

ポイント

実はこれ、もっとお得な購入方法があるのです。

それはオールインワンクリームを購入すること。

 

アイクリームより「オールインワンアイクリーム」がおすすめ!

オールインワンクリームは「アイクリームの役割」や「保湿化粧水の役割」、「化粧下地の役割」から「マッサージクリームの役割」まですべてこなすことができます。

ポイント

しかも、オールインワンクリームは顔全体に使用すること前提で作られているため内容量が多いです。

逆にアイクリームは目の下専用に作られているから内容量がとても少ないです…。

ですからアイクリームの役割もあるオールインワンクリームは異常なくらいコスパが高いのです。

また、アイクリームの役割を持つオールインワンクリームならデリケートな目元に刺激を与えません。

もちろん内容量も3倍から6倍程度多くなっているのでコスパがめちゃくちゃ良いのです。

さらに、たった1回でスキンケアが終わるということはそれだけ目元に触る機会が少なくなるということ。

つまり摩擦を起こす回数を減らすことにつながるので、間接的に目の下の色素沈着の対策にもなるのです。

 

そのアイクリームって化粧品?医薬部外品?

普段使っているアイクリームの分類は気にしていますか?

私たちが気軽に買っている美容ケアアイテムは、ほとんどのものが化粧品に分類されるもの。

しかし本格的にケアをするのであれば医薬部外品がおすすめ

医薬部外品とは「化粧品」と「医薬品」の間に分類されるものです。

  • 化粧品とは美容成分が豊富。
  • 医薬品とは美容成分ではなく疾患を治すための成分が配合。

化粧品と医薬品にはこのような違いがあります。

ポイント

しかし美容成分を含んでおり、医薬品近い作りになっているというのが医薬部外品。

つまり両方のメリットを良いところだけ採用されて作られているアイテムです。

これは厚生労働省の明確な基準で区別されています。

また、化粧品はしっかりと効果効能が検証されていない場合が多いのですが、医薬部外品の場合は効果効能がしっかりと検証されています。

ですから、本格的に目の下のケアを始めるのであれば医薬部外品でないと意味がありません。
化粧品では少し弱すぎますから。

以下で解説する「オールインワンアイクリーム」や「アイクリーム」はどちらに分類されているかをしっかりと明記しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

アイクリームの選び方まとめ

  1. 普通のアイクリームよりも「オールインワンアイクリーム」がイイ!
  2. ビタミンC(プラセンタでも OK)がイイ!
  3. 医薬部外品がイイ!

アイクリームを選ぶ基準はたったのこれだけ。

これだけを意識してアイクリームを塗るととっても効率的に目の下をケアすることができます。

 

 

アイクリーム比較表

※スマホで見る場合は、横にスクロール可能

ランク 1位 2位 3位 4位 5位
商品名 カナデル もっちりジェル シミウス グラスキン アイキララ
画像
評価
分類 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品 化粧品
内容量 58g 75g 60g 60g 10g
価格  1900円 3150円 3795円 2700円 2384円~
成分 ビタミンCエチル プラセンタ プラセンタ プラセンタ ビタミンC誘導体
特徴 持続効率型
ビタミンC
W薬用美白
64種美容成分
1個で
10役をこなす
潤いも同時に 目元専用成分
ランキング ⇒クリック ⇒クリック ⇒クリック ⇒クリック ⇒クリック
公式サイト ⇒チェック ⇒チェック ⇒チェック ⇒チェック ⇒チェック

 

おすすめの目元クリームランキング

1位 カナデルプレミアホワイト

プレミアホワイトのおすすめポイント

  • 医薬部外品に分類
  • ビタミンC誘導体より効率の良いビタミンCエチル
  • シリーズ累計1000万本突破
  • 肌が荒れていても使える
  • 低刺激化に成功、敏感肌もOK
  • 保湿成分配合
  • 角質層までしっかりと浸透させる独自オイル配合
  • 全額返金保証付き
  • とにかくコスパが高いのでクリームのとっかかりにおすすめ

カナデルプレミアホワイトは医薬部外品に分類されるアイテム。

とにかく購入価格が安く、美容成分が豊富なのでとてもコスパが高いことが特徴です。

カナデルプレミアホワイトはその名の通り、メラニンの生成を抑えることに特化した美白ケアオールインワンアイクリームなので、目の下の色素沈着部分に美容成分を与える事ができます。

ビタミンCエチルがスゴイ!

カナデルプレミアホワイトの一番のおすすめポイントはビタミンC誘導体ではなく、ビタミンCエチルが配合されている事。

ビタミンCを改良したものだビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体よりも持続性が高く効率的に「黒化」のケアを行うことができるのがビタミンCエチル

また、通常美白ケアの商品は、どうしても美白成分の刺激が強すぎるというデメリットが挙げられます。
しかし、カナデルプレミアホワイトは、しっかりとその刺激を対策。

ビタミンCエチル自体をクリーム化する事で低刺激を実現しています。

ですからデリケートな目元にも使用できるため、カナデルプレミアホワイトはオールインワンアイクリームの中でも特におすすめと言えるのです。

それに加えオイル成分も入っているので、カナデルを目の下に塗るときにマッサージするように塗りこむことで、より効果的に目の下をケアする事ができます

全ての成分を角質層までしっかりと浸透させることができるように独自の浸透ブーストオイルも配合されているのもポイント。

  • 持続型ビタミンCエチル
  • 低刺激で敏感肌に!
  • 高コスパ!

毎日目の下の色素沈着部分に美容成分を与えるならカナデルプレミアホワイトがおすすめ。
内容量も58gなので、目の下だけに使っていけば何ヶ月も持つのでとってもコスパが良いです。

 

2位 ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

もっちりジェルのおすすめポイント

  • 医薬部外品に分類
  • ダブルの有効成分でメラニンを抑える
  • プラセンタでメラニンの抑制、ハリを与える
  • 独自開発のオイルが肌に潤いを
  • ローヤルゼリーがハリとカサカサに圧倒的なアプローチ
  • 美容液成分驚異の97%
  • 64種類の美容成分含有
  • 色素沈着・たるみ・乾燥すべてのケアができるまさにオールインワンアイクリーム

まさに薬用医薬部外品

ランキング1位のカナデルと比較すると、少しだけ価格が上がってしまいますが、今まで茶クマのケアに満足できなかった人は、この「ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト」を使ってください。

ココがおすすめ

プラセンタで目の下の色素沈着部分のメラニンの生成を抑え、97%の美容液成分が角質層まで浸透して成分が消える!!

このクリームは目の下の色素沈着部分に美容成分を与えることを、こんなにも簡単にそして効率的に行うことができます。

なぜこんなにも簡単に色素沈着の原因に美容成分を与えることができるのか?

それはダブルの有効成分による薬用ホワイトニングだからです。
それに加え、デリケートな目の下の部分を、97%の美容液成分が角質層まで浸透するので徹底的に美容成分を与えることが可能なのです。

とくに薬用美白のプラセンタは、シミケアだけではなく様々な美容成分を持ち合わせています。

おすすめできる理由はまだまだあります。

その理由は2つの薬用美白ホワイトニングだけではなく「ローヤルゼリー」、そして「独自開発の保湿オイルカプセル」を配合していることにあります。

ローヤルゼリーの効果

ローヤルゼリーに関しては飲むだけではなく、塗ってもその恩恵を受けることができます。

特にローヤルゼリーは肌角層の水分量が上がるとの研究結果が出ています。出典:みつばち健康科学研究所

目の下の水分量がふっくらすればダメージを受けにくくなり、結果的に色素沈着しにくい目元にすることが可能です。

また、水分が増えることで肌のキメは整いふっくらとした目元に。

最近どんどん老けて困っている…という方にとってローヤルゼリーは強い味方。
だから「ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト」はオススメなのです。

それに加え、独自開発した保湿オイルカプセルを配合していることもランキング2位たる理由。

目の下の色素沈着に美容成分を与えることができるのはこのオイルカプセルによるもの。

オイルカプセルとは?

もっちりジェルに含まれている主なケア成分は以下のもの。

  • プラセンタ・・・色素沈着部分に美容成分を与える・ハリを与える
  • ローヤルゼリー・・・水分を与える
  • ヒアルロン酸・・・水分を与える・ハリを与える

これらをはじめとする美容成分64種類を、ギュッと詰め込んで小さなカプセル状にしたものが保湿オイルカプセル

このオイルカプセルによって、角質層まで浸透するまでどこからも邪魔をされずに、角質層までしっかりと届け、肌で発揮させることができるのです。

だからもっちりジェルは効果的に美容が可能であり、ランキング1位なのです。

簡単に言えば、このオールインワンアイクリームは97%の美容液成分により色素沈着に美容成分を与え、たるみ、乾燥、すべて行うことができるクリーム。
こういったクリームを皆さんは探していましたよね。

また、化粧下地にも使えるという圧倒的な有用性も兼ね備えています。

内容量は大ボリュームの75gなのでコスパも抜群。
オールインワンクリームではなく「アイクリーム」と比較すると内容量は約6倍~7倍

ダブルの薬用ホワイトニング、そしてローヤルゼリーなどにより、これ一つですべての毎日の手入れを完了させるクリームです。

 

3位 シミウス

シミウスのおすすめポイント

  • 医薬部外品
  • プラセンタで色素沈着部分に美容成分を与える
  • ダブルクリスタル製法でクリアな肌
  • 抗炎症作用で肌荒れ中もOK
  • オールインワンの中で最も多くの役割をこなせる
  • 全額返金保証付き

シミウスは医薬部外品に分類されるアイテムです。

シミウスはプラセンタによってシミの原因である色素沈着にアプローチする事ができるオールインワンアイクリームです。

ココがおすすめ

また、プラセンタはハリ成分を与えることができるので同時にエイジング部分に美容成分を与えることも可能。

ですから、40代以降の目の下の色素沈着対策ならシミウスがおすすめです。

それに加え、1つで10役こなせることからオールインワンの中のオールインワンアイクリームと言えるでしょう。

色素沈着のケアはもちろん「化粧下地」にまで使用する事ができるので、日中のシミ対策もバッチリ。

その分、価格はカナデルよりも上がってしまいますが、お手軽度は格段にシミウスのほうが上です。

メラニンの生成を抑え日焼けによるシミなどの対策を徹底的に行いたいならカナデル。

目の下とエイジングを同時にバランス良く行っていきたいのであれば、このシミウスがおすすめです。

 

4位 グラスキン

グラスキンのおすすめポイント

  • 医薬部外品
  • プラセンタで色素沈着部分に美容成分を与える
  • 数々のタレントも使用
  • 独自のウォータークリーム処方でメラニンにアプローチ
  • 15日間返金保証付き

グラスキンは医薬部外品に分類されるアイテムです。

グラスキンもシミウスと同様プラセンタの力で目の下の色素沈着部分に美容成分を与えていきます。

プラセンタに加え、さらに2つの医薬部外品成分でメラニン生成にブレーキ
※公式サイトより引用

つまりプラセンタ+2つの医薬部外品成分の3つの力で目の下の色素沈着部分に美容成分を与える事が可能です。

シミウスやカナデルと違うところは、ウォータークリーム処方という独自の保湿系角質層浸透技術を使用している事。

ココがおすすめ

この処方は、クリームを肌に塗ると美白美容液があふれ出し角質層まで浸透、そして保湿という新発想処方です。

目の下の色素沈着部分に美容成分を与えながら目元の乾燥に悩んでいる、という方におすすめのオールインワンアイクリームです。

 

5位 アイキララ

アイキララは化粧品に分類される目元クリーム。

アイキララのおすすめポイント

  • ビタミンC誘導体配合
  • 目の下専用独自成分配合
  • モンドセレクション金賞受賞
  • 保湿成分配合
  • コラーゲン配合
  • 全額返金保証付き

+ クリックで詳細

アイキララは27秒に1本売れるほど人気の目の下専用クリームです。

その理由は非常に分りやすく、ビタミンC誘導体が配合されて茶クマに対してサポートしてくれるからです。
さらに、保湿成分も配合。

最大の特徴は、ほかのどのアイクリームにも配合されていない「目の下のためだけに作られた成分」が入っているからこそ、茶クマサポートに大人気なのです。
ちなみに、アイキララだけが含んでいる独自の目の下専用成分は「ハロキシル」といいます。

このハロキシルは美容成分の力をサポートしてくれます。

ココがおすすめ

ハロキシルは、アイキララに含まれているビタミンC誘導体を強力にサポートしてくれるため、普段のケアがより充実します。

そのケアをサポートしてくれるのがアイキララなのです。

そしてモンドセレクション金賞受賞の実績

そして何より、商品に対する自信の表れから全額返金保証がついているということが人気の理由です。

アイキララにはコラーゲンも配合されているので、目元のハリのケアにもおすすめ。今後、総合的な目の下のケアをするのであればかなりおすすめのアイテム

これだけおすすめできるのは、アイキララだからこそ。

目の下の濃い茶クマをケアしたいなら、そのスキンケアのサポートとして一度購入しておいて損はない商品です。

返金保証もついているのでとってもおすすめ!

 

6位 メモリッチ

メモリッチは化粧品に分類される目元クリーム。

メモリッチのおすすめポイント

  • ビタミンC誘導体配合
  • 数々の雑誌に掲載
  • 独自成分アイキシル配合
  • 保湿成分配合
  • 全額返金保証付き

+ クリックで詳細

メモリッチはアイキララと並び、目の下の茶クマをケアすることに対して絶大なサポートを発揮するアイクリーム。

目の下の色素沈着を目立たなくするビタミンC誘導体(※1)も配合されていますし、全額返金保証や保湿成分も配合されています。
※1(色素沈着を直接消すのではなくターンオーバーを正常化「引用元:ロート製薬」)

独自成分の「アイキシル」という優れた成分が入っています。

アイキシルはハリ成分であるペプチドを独自に改良したものがアイキシル
アイキシルは、茶クマには関係しませんが、目元のたるみにおすすめ

ですからメモリッチは乾燥やメイク時の痛みをケアしなまら、目元をキレイに保つケアができます。

7位 ビーグレン

ビーグレンは化粧品に分類される目元クリーム。

ビーグレンのおすすめポイント

  • 独自のビタミンC誘導体(QuSome)配合
  • ドクターが開発
  • 保湿成分配合
  • 全額返金保証付き

+ クリックで詳細

目元のお悩みに対してビーグレンもオススメ。
というのも、海外のドクターが独自のビタミンC誘導体(QuSome)を開発し、ビーグレンに取り入れているからです。

QuSomeとは?

ビタミンC誘導体をナノ化し、さらに角質層までの浸透を可能に。

そしてビタミンC誘導体をカプセルに閉じ込めることで、より長くとどまり持続する事を実現したもの。

ビーグレンは価格が高いというところが少しデメリット。

メモリッチとアイキララは化粧品に分類される目元クリームの相場である2500円程度。
ですが、ビーグレンは8000円程度。

裏を返せば、それほど自信があるということですが。

ただし!!!

ビーグレンは初回に限り、1846円でトライアルセット(目元をクリーム含む5点)を購入できます。

トライアルセットでビーグレンを体感することができたのあれば、本格的にビーグレンを購入するのもいいですね。

ビーグレンにも全額返金保証があるので、リスク無く購入する事ができますよ。

まずは、ビーグレンのトライアルセットを試してみましょう。

 

8位 目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美は化粧品に分類される目元クリーム。

目元とまつ毛のご褒美のおすすめポイント

  • モデルの蛯原友里さん愛用
  • ビタミンC誘導体配合
  • 保湿成分配合
  • まつ育可能
  • 全額返金保証付き

+ クリックで詳細

目元とまつ毛のご褒美は、あのモデルの蛯原友里さんも使用している目元クリーム。

ケアをする成分は当然配合されています。

ですがここからが目元とまつ毛のご褒美の少し変わったところ。
目の下の健康を巡らせることができるという事。

これにより血色の良い目の下を実現する事ができるのです。

そして一番の特徴であるまつ育

茶クマケアのサポートのためにこのクリームを塗ると同時にまつ育ができるので、パチっとしたまつげも同時に手に入れることができるのです。

目元とまつ毛のご褒美は時短クリームと言っても過言ではありませんので、、毎日目を酷使して、残業で忙しいOLさんにおすすめ。

当然全額返金保証もついています。

 

9位 アテニア

アテニアは化粧品に分類される目元クリーム。

アテニアのおすすめポイント

  • 贅沢なトライアルセット
  • 目の下の青黒対策
  • 下まぶたのよどみに
  • 保湿成分配合
  • フルセットで茶クマケアのサポートに

+ クリックで詳細

肌の調子が悪過ぎれば目元の血色が悪くなってしまいます。

アテニアはトライアルセットとして目元周辺のトータルケアができるので、目元の汚れよどみにおすすめ。

そこでこのアテニアセットがおすすめ。

  • フェイシャルソープで汚れを除去
  • ローションで保湿
  • 朝と夜に使うクリームで肌を保護

アテニアセットは上記の事ができるようになり、目元のケアをサポート。

それ以外に自分でケアをしっかりとする事によりケアする事ができます。

アテニアは、目元のケアのサポートとして持っておきたい商品です。

 

 

色素沈着の以外にも目元のエイジングケアも同時に行うなら「ローヤルゼリーもっちりジェル」

上記でいろいろな茶クマケアのサポートアイテムを紹介しましたが、価格を重視しないならやはり「ローヤルゼリーもっちりジェル」がおすすめ。

しかし、購入価格が少し上がってしまうため、ややハードルが上がるのでランキングは2位でした。

ここでもう一度ローヤルゼリーもっちりジェルのオススメポイントをさらいしておきましょう。

もっちりジェルのおすすめポイント

  • 医薬部外品に分類
  • ダブルの有効成分でメラニンを抑える
  • プラセンタでメラニンの抑制、ハリを洗える
  • 独自開発のオイルが肌に潤いを
  • ローヤルゼリーがハリとカサカサに圧倒的なアプローチ
  • 美容液成分驚異の97%
  • 64種類の美容成分含有
  • 色素沈着・たるみ・乾燥のケア

これらの事から、どの「医薬部外品のオールインワン目元クリーム」よりも頭1つ抜けています。

毎日のケアとして、持っちりジェルをを使用していくようにしましょう。

ココがおすすめ

ランキング1位のローヤルゼリーもっちりジェルにはシミケアのプラセンタだけではなく、肌の水分量が上がる「ローヤルセリー」を含んでいるので乾燥対策にもなります。

また、強力にサポートする「独自の保湿オイルカプセル」
この独自の保湿オイルカプセルによって、効果的に成分を角質層まで浸透させることができるのです。

ローヤルゼリーもっちりジェルは、医薬部外品なので厚生労働省が認めた基準のもと、しっかりと効果効能が検証されています。

「毎日の目元ケアはメンドクサイ!ましてやフェイスケアなんてもっとメンドクサイ!でもきれいな肌になりたい!

そんなワガママをかなえてくれるのがローヤルゼリーもっちりジェル。

これ1本でスキンケアは完了です。

 

 

高コスパ!まず初めに購入したいお得なカナデルプレミアホワイト

とにかくお得で初めての方も安心して購入できるランキング1位のカナデルプレミアホワイト。

カナデルプレミアホワイトのおさらいもしておきましょう。

カナデルのおすすめポイント

  • 医薬部外品に分類
  • ビタミンC誘導体より効率の良いビタミンCエチル
  • シリーズ累計1000万本突破
  • 肌が荒れていても使える
  • 敏感肌もOK
  • 保湿成分配合
  • 角質層までしっかりと浸透させる独自オイル配合
  • 全額返金保証付き
  • 抜群のコスパ

化粧品を購入する際に一番悩むのが購入金額。
このハードルはとても高いです。

しかしカナデルの場合は1900円から始めることができます。

購入金額のハードルが低いのは、目元ケアを始めやすいですよね!

しかし、金額が安いだけではありません。
カナデルもしっかりと厚生労働省の基準のもとで作られた医薬部外品なのでサポート効果を実感する事ができます。

エイジングも視野に入れているならカナデルもおすすめ。

そして全額返金保証もついているので、コスパの高いオールインワンアイクリームのカナデルを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

価格を重視しないならローヤルゼリーもっちりジェルでOK!

どちらにするか迷ってしまったらローヤルゼリーもっちりジェルで間違いありません。

ランキングは2位ですがそれは価格によるハードルが理由。
お手軽さ、美容成分だけを考えるとローヤルゼリーもっちりジェルは抜群におすすめです。

ココがポイント

目の下の茶クマを改善しそして消す。この一番簡単な方法は生活リズムの改善と普段の手入れ方法の改善をすることでした。

これだけで茶クマや色素沈着は自然に解消していきます。

しかし、それだけでは美容ケアの習慣が足りません。

そのでアイクリームは必要なのです。

そしてその後のケアをするなら、1本でサポートしてくれるローヤルゼリーもっちりジェル

オールインワンクリームなので目の下の色素沈着のケアだけではなく、肌の調子を整えたり肌の炎症を抑えたりする事が可能です。

ポイント

通常は刺激が強めな美白成分ですが、ローヤルゼリーもっちりジェルの場合はクリームを97%美容液成分にする事によって低刺激化を実現。

デリケートな目の下にピッタリな優しさを兼ね備えています。

ローヤルゼリーもっちりジェルはその豊富な美容成分からその悩みを解消できるように有用性のある根拠に基づき作られています
もちろん年齢が若ければ若いほどその効果を実感する事が可能です。

目元だけに使うなら圧倒的に長持ちします。

しかしフェイスケアとデコルテ部分に使っても1か月持つ大容量のオールインワンアイクリームとなっています。

 

 

目の下の色素沈着に関するQ&A

+ 目の下の色素沈着(茶クマ)を消すことはできますか?

目の下の色素沈着(茶クマ)を消すこと可能です。

 

+ 目の下の色素沈着改善方法について

目の下の色素沈着(茶クマ)の改善方法はターンオーバーの正常化がカギを握っています。生活リズムの改善とそのサポートとしてアイクリームをご使用ください。

 

+ 茶クマを消すターンオーバーの整え方

不規則な生活の改善でターンオーバーは正常化します。例えば睡眠時間を多くとることで血液の流れが良くなり、目元まで栄養が隅々までいきわたるためリズムが改善していきます。

 

+ 目の下に色素は必ず沈着しますか?

目の下には必ず色素沈着の原因のメラニンは発生します。メラニンの対策をしていくことでシミなどは消すことができます。すべては正常なターンオーバーによるものです。

 

+ シミ対策化粧品とは何ですか?

刺激によって生成される茶色の色素(メラニン)が生まれるのを阻害します

 

+ ビタミンCの効果は?

ビタミンCの効果は色素沈着を薄くしたり、色素沈着しにくい皮膚にすることができます。また、ターンオーバーの正常化をサポートする成分でもあります。
「引用元:ロート製薬

 

+ なぜオールインワンクリームがおすすめ?

通常のアイクリームですと目元専用に作られているため容量が少ないです。しかし、オールインワンクリームなら顔全体に使用する目的で作られているため内容量が非常に多いです。どちらもさほど違いはありませんから、変わらぬ値段で多く入っているオールインワンクリームのほうがおすすめといえるのです。

 

Copyright© 目の下の色素沈着(茶クマ)は自力で改善できる?消す方法を教えて? , 2020 All Rights Reserved.