茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

茶クマ

茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

更新日:

茶グマができてしまっているあなた、その茶グマしっかり治っている気がしますか?
もしかしたらその茶グマ対策は間違ってるかもしれません。

ポイント

対策を間違ってしまう理由は、そもそもクマができてしまう原因を知らないからです。

ここでは茶グマを効果的に治していくために、茶グマの原因について解説。

原因を知ることで、今後の茶グマ対策に大きく役立ちますよ。

 

まずは茶クマかどうかをチェック!

クマには4種類あります。

  1. 青クマ
  2. 黒クマ
  3. 赤クマ
  4. 茶クマ

ここでは、「目の下の色素沈着が原因の茶クマ」の判別方法を解説します。

まずは目元の皮膚を引っ張ってみてください

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

目元を引っ張った際に、目元の「茶色く色素沈着した部分」が一緒に引っ張られる場合は茶クマ

その理由は目元の皮膚に色素が沈着しているため、引っ張る事により、茶色の部分も伸びるからです。

ポイント

逆に血行不良が原因の青クマに関しては、目元の皮膚よりも奥の血液に原因があるため、引っ張ってもクマの部分は引き伸ばされません。

目元のたるみによる影が原因の黒クマは、目元の皮膚を引っ張るとたるみが伸ばされ、影で黒くなっていた部分がなくなります。

 

これが茶クマの判別方法。

さあ、目元を引っ張ってみてください!

 

茶クマ(目元の色素沈着)の基礎知識

茶クマの種類は大きく分けると2つあります。

  1. 一時性色素沈着
  2. 慢性色素沈着

の2つ。

 

一時性色素沈着について

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

一時性色素沈着というと難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言えばによる色素沈着です。

たとえば手の甲を擦りむいてしまった場合。
傷はしっかりと直るかもしれませんが、そのあとに傷跡が残ってしまったことはありませんか?

その部分の傷跡は色素沈着している状態であり、これを一時性色素沈着と言います。

 

ポイント

一時性色素沈着はすぐには消えませんが、時間の経過を待つ事により治ります。

 

慢性色素沈着について

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

慢性色素沈着は、たとえば、継続的な摩擦により皮膚そのものに色がついてしまう事を言います。

そして、残念な事に慢性色素沈着は非常に治りにくいです。

ポイント

というのも、「継続的な摩擦」が原因。

継続的な摩擦は、皮膚が新しく生まれ変わるスキを与えないからです。

つまり、新しく皮膚が生まれ変わっても、すぐに摩擦により色素が沈着してしまいます。

だからといって、一度色素沈着がしてしまった部分を放置しておいても治りません。
その理由は、今まで継続してきた摩擦により、かなり奥深くまで色素が沈着しているからです。

ですから「放置では完全に治らない」というのも、この慢性色素沈着の大きな特徴。

 

主に茶クマは慢性色素沈着が原因ですが、しっかりと治す方法もありますので最後までお読みください。

 

 

茶クマができてしまう原因4つ

ここでは茶クマができてしまう原因4つについて解説します。

下記の原因を読むとわかるのですが、やはり茶クマは慢性色素沈着が原因という事がよく分ります。。

原因1:紫外線

継続的に紫外線を浴びることにより、それは茶クマの原因となります。

「シミ、ソバカス」と言えば、分りやすいでしょうか。

シミソバカスの原因は、紫外線から肌を守るためのメラニン色素が原因。

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

継続的に紫外線を浴びることで、どんどんとメラニン色素が肌に溜まり、茶色くなってしまいます。

頻繁に顔に紫外線を浴びる方は要注意。
特に目元の皮膚は薄いので、茶クマも非常に目立ちやすい部分です。

 

原因2:アトピーなどの疾患

アトピーに悩んでいる方の肌は例外なく刺激に弱いです。

刺激はメラニン色素生成の原因。
特に刺激を受けやすい肌をお持ちの方は、色素沈着に悩まされやすいです。

そして、アトピーに関しては、かゆみを伴います。
かゆみを我慢できれば良いのですが、寝ている間など、無意識のうちにかきむしってしまいますよね。

かきむしる行為は継続的な刺激に該当し、慢性色素沈着の原因となってしまうのです。

 

原因3:ニキビ肌

ニキビ肌は、基本的に肌の生まれ変わりがうまくできません。

肌が上手に生まれ変わらないことで、慢性的な色素沈着を生み出します。

つまり、ニキビ肌の方は、茶クマに悩まされやすい傾向にあるのです。

 

原因4:摩擦

摩擦は皮膚に一番刺激を与える行為です。

摩擦というと、あまりピンとこないかもしれませんが、目元をこする行為と言えば分りやすいかもしれませんね。

たとえば女性で言えばメイク。
目力をアップさせることにおいて、目元のメイクは欠かせませんが、継続的なメイクにより慢性的な刺激を与え、結果的に茶クマの原因となってしまうのです。

継続的な刺激を与えることで、大量のメラニンを生成し、あなたの目元に茶クマができてしまいます。

 

 

やはり茶クマの一番の原因は摩擦

メイク時

さきほどは、毎日目元のメイクをしていると、茶クマができてしまう原因になると言いました。

茶クマができてしまうと、今度はコンシーラーで茶クマを隠すメイクも追加されるので、余計に刺激を与えてしまいます。
さらに茶クマが濃くなってくると、もっとコンシーラーで隠さないといけなくなってくるので、結果的に強い刺激を毎日与えてしまうことになってしまうのです。

やはり茶クマはコンシーラーで隠すのでは無く、茶クマを治してコンシーラーいらずの目元にしなければなりません。

 

洗顔・クレンジング

メイク残りはお肌に悪いですよね。

ばっちりと決めたメイクをしっかり落とすには、クレンジングは必須。

ですがその時にゴシゴシと強くこすりすぎていませんか?

もちろんメイク残りを防がなければ、メイク残りによる刺激で目元にダメージを与えてしまいます。
ですが、逆に強くこすりすぎてメラニン色素を生成をしてしまっているかもしれません。

メイク残り防止とクレンジングの摩擦のバランスを保つのは非常に難しいのですが、クレンジングの際も摩擦を意識してやさしく洗うと刺激を与えないメイク落としをする事ができます。

 

目のかすみ

これは意図しない目元の摩擦。

たとえば毎日パソコンを見なければならない仕事は、目のかすみを伴います。
目がかすむと人間は無意識に目をこすってしまいます。

その時に、摩擦を与えてしまっているので、やはりこれも茶クマの原因。

目のかすみは直接的な茶グマの原因とはなりませんが、目のかすみにより目元を擦ってしまうことが茶クマにつながっているという事を覚えておいてください。

 

 

茶クマを治すにはターンオーバーが必須

さて、ここまでは様々な茶グマの原因について解説してきました。

茶グマは簡単に言えば色素沈着。
皮膚そのものに茶色がついてしまっているという事です。

皮膚そのものに色がついているという事は、睡眠不足を解消して目元の血行改善したとしてもクマは治りません
よく寝て改善するクマは、血行不良が原因の青クマだからです。

茶グマを治すには、皮膚そのものを新しく生まれ変わらせるしかありません。

 

基本的に古くなった皮膚は新しく生まれ変わってきます。

この働きをターンオーバーと言いますが、茶クマを治すにはターンオーバーが必須なのです。

 

ですが、あなたの茶クマが治らない原因は、ターンオーバーがうまく働いていないことにあります。

 

あなたのターンオーバーがうまく働かない理由

刺激が多すぎる

ターンオーバーは通常、28日サイクル

あなたの茶クマが治らない原因は、これを上回るペースで刺激を与えてしまっているので、たとえ新しく目元の皮膚が生まれ変わったとしても、すぐに色素が沈着してしまうのです。

 

そもそもターンオーバーが正常に働いていない。

新陳代謝が正常な場合、ターンオーバーは28日サイクルですが、新陳代謝がうまくできていないと、このサイクルが乱れてしまいます。

結果的に、古い皮膚のままの状態で、いつまでたっても茶クマが改善しないのです。

 

では、新陳代謝を正常化しなければ、いつまでたっても茶クマは取れないのでしょうか?

実はそんな事ありません。

「目元のターンオーバー」を強制的にしてあげれば良いのです。

目元のターンオーバーを強制的に促すには、目元クリームが効果大。

 

ターンオーバーを促すには目元クリームがおすすめ

ビタミンC誘導体配合だから

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

目元のターンオーバーを強制的に促すには、ビタミンC誘導体という成分が必須。
目元クリームには、茶クマを改善するためのビタミンC誘導体がたくさん配合されています。

だから目元クリームがおすすめ。

 

目元専用設計だから

そして、一番のポイントは目元専用に作られているというところ。

目元の皮膚は、顔の皮膚と比較すると、3分の1以下の薄さ。
このデリケートな目元に、ビタミンC誘導体を「刺激を与えずに浸透」させるには、デリケートな目元専用に作られていなければなりません。

 

たとえば美容クリーム。

ビタミンC誘導体が配合されていたとしても、刺激が強すぎる場合、逆にメラニン色素を生成してしまう可能性もあります。

 

だから目元専用に設計されているクリームが必要なのです。

 

保湿力もある

目元が保湿されていると、水分が刺激を和らげてくれます。

目元クリームには、コラーゲンやヒアルロン酸といった様々な保湿成分が配合されているので、茶クマを治すだけではなく、茶クマの進行を防ぐ役割もあるのです。

 

 

オススメはアイキララ

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

アイキララはビタミンC誘導体が配合されている、目元専用のクリーム。

さらに、医学誌掲載や、効能評価済みなど、信頼できるビタミンC誘導体クリームです。

 

☆管理人である私もアイキララを使って茶クマを治しました!

kumamemoto 茶グマの原因一覧!茶クマが消えないと悩んでいるならまず原因から

 

アイキララは今なら全額返金保証がついているので、リスクなく茶クマ改善を実践できるのでオススメです。

 

茶クマに悩まされているあなた!

私のようにアイキララを使って、茶クマを治してくださいね!

もっとたくさんの目元クリームを見てみたいという方は、次のページで目元クリームについて解説しています。

-茶クマ

Copyright© 目の下の色素沈着(茶クマ)は自力で改善できる!しっかりと消す方法を教えます , 2018 All Rights Reserved.